子ども体験事業《舞台鑑賞》

概要

舞台劇や人形劇など、様々なジャンルのプロによる生の舞台芸術を親子で鑑賞し、人間の可能性を肌で感じる感動体験を親子で共有しています。
年間4~6回程度、プロの優れた舞台を企画し、親子での鑑賞体験を推進しています。
また、高学年やおとなも楽しめるよう、年齢に応じた作品選びもしています。作品選びから、実施の準備、片付けなど、会員みんなで取り組んでいます。
わくわくドキドキの舞台劇を同じ空間で味わう親子共有体験が豊かな感性を育くみ、心の栄養となるのが願いです♪

企画内容

今年度実施予定作品は、新型コロナウィルス感染予防対策のため状況をみながら実施を決定しております。ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【舞台劇】ベッカンコおに
<丸亀市共同募金地域福祉活動助成事業>

実施日
2021年1月23日(土)
※コロナ感染拡大の為、延期となりました。
開場13:00 開演13:30
場所
綾歌総合文化会館アイレックス 小ホール
内容
ーあ ら す じー
笛吹峠にべっかんこ顔をからかわれていた鬼が住んでいた。里には目が見えなくていじめられていた、ゆきという娘が住んでいた。
・・・二人は一緒に暮らすようになった。
ゆきは幸せになればなるほど鬼のべっかんこ顔が見たくなった。
「鬼の顔は恐いがそれでも見たいか?」そう鬼が聞いた。
ゆきは見たいと言った・・・。
鬼はゆきの目をあけるために『りゅうがん草』を探しに下の谷に走った。
そこには鉄砲を持ったゆきのお父が鬼を探していた。
お父はゆきが鬼にさらわれたと思っていた・・・。

※イベント開催情報をご覧ください
⇒詳しくはコチラ

予約する
【人形劇】はれときどきぶた
<丸亀市共同募金地域福祉活動助成事業>

実施日
2021年2月20日(土) 実施予定
開場13:00 開演13:30~
場所
岡田コミュニティセンター
内容
矢玉四郎さんが書かれたこの本が発刊されたのが1980年。こどもたちが夢中になって読み、TVアニメ化もされるという爆発的なヒットとなったこの作品。だが、この作品の本質的なことは理解されてきたのだろうか。「ズッコケ時間漂流記」「ふたりはともだち」に続き、ひとみ座と脚本演出家の西上寛樹が練り上げた60分。ボサノバギターの調べに乗せて展開する、オシャレで不思議な人形劇アンサンブルをお楽しみください。

予約する
【芸能】でべそ版 ずっこけ狂言 でんでんむし48

実施日
2021年3月20日(土) 実施予定
開場13:00 開演13:30~15:00
場所
綾歌総合文化会館アイレックス
内容
狂言「以呂波」「蝸牛」を「みんなで体験狂言ワークショップ」をはさんで、分かりやすく、さらに面白く創りあげたのが、この作品です。 いろは48文字を教えようとする親と、子のやりとりが見ものの「いろは」。山伏をかたつむりと間違えて屋敷へ招くという、ありえないストーリーがやけに心にのこる「蝸牛・かたつむり」。ずっこけとはいえ、古典を彷彿させる面白さと、その中にも伝統芸能のエッセンスが盛り込まれています。

【人形劇】オズの魔法使い

実施日
2020年12月20日(日)
開場13:00 開演13:30

新型コロナウィルス感染予防対策のため次年度に延期
場所
岡田コミュニティセンター
内容
竜巻に飛ばされてしまったドロシーは、不思議なオズの国にやってきます。 脳みそのないカカシ、心のないブリキの木こり、臆病なライオンと出会ったドロシーは、 みんなで願いをかなえてもらうためエメラルドの都を目指しますが… 見応えたっぷり!みているみんなも一緒に、ドロシーと願いをかなえる旅へ出発です!

【芸能】World Yo-Yo4 Entertainment!!

実施日
2021年2月
開場10:30 開演11:00
新型コロナウィルス感染予防対策のため次年度に延期
場所
未定
内容
ヨーヨー世界チャンピオンによるヨーヨーエンターテインメント!ヨーヨーパフォーマンスの第一人者であり、シルク・ドゥ・ソレイユ登録パフォーマーのTOMMY。世界のステージを目の前で体感!さらに体験教室ではその技を直接指導!頭と心を刺激する時間をお届けします。

 

過去作品のご紹介


2019年度作品 2018年度作品

PAGE TOP