子ども体験事業《舞台鑑賞》

概要

舞台劇や人形劇など、様々なジャンルのプロによる生の舞台芸術を親子で鑑賞し、人間の可能性を肌で感じる感動体験を親子で共有しています。
年間4~6回程度、プロの優れた舞台を企画し、親子での鑑賞体験を推進しています。
また、高学年やおとなも楽しめるよう、年齢に応じた作品選びもしています。作品選びから、実施の準備、片付けなど、会員みんなで取り組んでいます。
わくわくドキドキの舞台劇を同じ空間で味わう親子共有体験が豊かな感性を育くみ、心の栄養となるのが願いです♪

企画内容

よい子の味方 怪獣ママゴン

実施日
2018年6月17日(日)
場所
岡田コミュニティーセンター
内容
いつも怒ってばかりのお母さん・・・それはお母さんが「怪獣ママゴン」に変身してしまっているからさ。そんなママゴンを倒す必殺技は????お母さんは、君のことを愛しているよ。そして君もお母さんが大好き!そんなこと確かめなくてもいいよ。だって親子なんだから。でも、ほんの少し心が勘違いするときがあるよね。そんなときはどうするの?母と子の日常を描いたハートフルコメディーです。
14ひきのはる・なつ・あき・ふゆ
<丸亀市共同募金地域福祉活動助成事業>

実施日
2018年9月17日(月・祝)
場所
アイレックス
内容
この絵本シリーズに描かれているのは、自然のなかに溶け込んで暮らす、野ねずみの家族の生活です。そこには様々な生きものたちが共に生き、家族が一つになって懸命に生きている姿があります。
この物語を通して、子どもたちだけでなく若いお父さん、お母さんにも、自然とのつながり、家族の絆の大切さを感じて欲しいと思います。
わくわく影絵たんけん隊

実施日
2018年11月18日(日)
場所
飯山総合保健福祉センター 2階
内容
楽しい手影絵ショーと、影絵体験の2本立て!一度見たらきっとやってみたくなる!?想像力を刺激する手影絵パフォーマンスを観たあとは、子ども達にさっそく挑戦してもらいます。大きくなったり小さくなったり、手の組み方でいろいろな可能性が見えてくる。魅力いっぱいの影絵の世界の探検へ、いざ!出発!
あらしのよるに
<丸亀市共同募金地域福祉活動助成事業>


実施日
2019年3月9日(土)
場所
アイレックス
内容
きむらゆういち原作「あらしのよるに」シリーズ1巻から7巻迄の完結版。音楽と明りと役者が融け合い、観客と創り上げる世界。同じじゃないけどはぐれ者同志、強者と弱者の群に生きる二つの命。想いを分かち合い違いに悩む、信じる勇気と思いやる心が切り開く友情。
会話(対話)劇を中心に構成されており、『演劇』の原点に立ち返った作品です。登場人物も 『生』 の 『人間二人だけ』 で 本格的な、体を張ったお芝居となっております。
PAGE TOP